■セフレ
この記事は、今セフレがいらっしゃる方や、これからセフレを作ろうとしている方に向けた記事です。
それらに当てはまらない方、セフレに興味がない方はブラウザバックをオススメいたします。
さて、セフレをせっかくつくる・つくったのですから、やっぱり一人のセフレと長続きさせたいものですよね。
同じ人と何回も何回も体を重ねていくのは、心まで気持ちよくなります。
そうやって、心身ともに気持ちよくなるということにこそ、セフレ関係の醍醐味はあるのです。
ですから、セフレを作ったからには、長続きさせるのが一番なのです。
でも、なかなか長続きしないというのが現実らしく、「長続きしない」と嘆いていらっしゃる方が大勢おられます。
まだまだ経験がないという方も、これからセフレを作っていく、セフレと過ごしていく中で、どうやったらセフレ一人と長く付き合うことができるのかがわからないという方が大勢おられるのです。
これはとてももったいないことであり、なんだかとても残念なことです。
では、一体どうやったらセフレ一人と長続きさせることができるのでしょうか。
それについてお話ししましょう。

■飽きさせない努力
やっぱり、同じ人とずっと付き合っていくということで大事になってくるのは、飽きさせないように努力することです。
具体的にどういった努力をすればいいのかですけれども、ご飯の場所選びを大切にすることです。
セフレとは、まずはご飯を食べたりお酒を飲んだりしてからホテルなどに行ってセックスをすると思うのですが、そのご飯を食べるお店を、毎回同じにしてしまっていませんか?
毎回同じお店で食べることには、確かにメリットもたくさんあります。
例えば、そのお店の全てのメニューを制覇したりするのが非常に楽しいというメリットがありますよね。
メニュー全制覇とか、一度はやってみたくないですか?
かなり燃えますよね。
それと、常に同じ所に行き続けるところによって、あなたと会うことを日常的な習慣であると、相手の脳に無意識に認識させることができるのです。
これがメリットです。
逆にデメリットというのは、飽きやすいというところです。
習慣化するということは、逆に言えば面白みがない、新鮮さがないということです。
面白みとか新鮮さとか、セフレ相手に必要なのかという疑問を持っている人もおられるでしょうが、これがかなり大切です。

■とにかく新鮮
ご飯に関してもそうなのですが、ホテルの場所などについても同じことが言えます。
毎回同じホテルに行って毎回同じ感じでセックスをするというのも、習慣化には良いのですが、習慣化で長続きするのはある程度までです。
その程度を超えてしまうと、相手は飽きてしまいます。
だから、習慣化を残しつつも、新鮮さを与えることが何よりも大切になってくるのです。
それは一体どうやるのかですが、これは結構簡単で、そんなに難しいことではありません。
たまに違うお店に行けばいいのです。
たまに違うホテルに行けばいいのです。
たまにプチ旅行でもすればいいのです。
基本は毎回行きつけのお店でご飯を食べるのですが、二週間に一回とか、三回に一回とかは違うお店を二人で選んでご飯を食べるということが大切です。
ホテルに関しても、何回に一回は違うホテルであったり、ちょっと一風変わった場所だったり、屋外プレイなんかも、見つからないようにするのが興奮しますよ。
そして、プレイの内容も毎回同じではなく、たまには趣向を凝らしてみたり、二人でどんなプレイをするか話し合ってみたりしてお互いにやりたいプレイをするようにしましょう。
プチ旅行は、本当にプチでいいです。
車で少しだけ走らせたところとか、見慣れない景色と見慣れないお店などを見ながらドライブ気分でご飯を食べてホテルを探してセックスするんです。
これ、意外とお金がかからなくて意外と楽しいですよ。

■さいごに
以上が、セフレと長続きさせることができる方法です。
これらの方法を実践していれば、自然とセフレと長続きすることでしょう。
そして、長続きしたら、本当に楽しいセフレ関係を保つことができます。
セフレ長続きのキーワードは、「新鮮」ですよ。